ブランド買取の買取プレミアム

我が家の最新の例

2020年6月7日(日)、梅雨に入り、冬物の処分を行いました。

季節はもう夏の準備ですから、冬物は当面必要ありませんからね。

このタイミングでやろうと思ったのには理由があります。

クローゼットやその他の収納がほぼ満杯状態になり、ほとんどスペースが無くなってきたからです。

まず、私は、革ジャン2着、革のハーフコート1着をはじめ、ブレザー、ジーンジャケット、セーター、シャツ、トレーナー、その他の衣類を処分しました。

革製品については、最寄の買取店へ持って行ったのですが、冬物の衣類の受け付けは11月からと言われたため、思い切って廃棄する事にしました。

大きな星条旗のジャケットは、米国に住んでいた時に購入した思い出の品。ハーフコートと茶色の革ジャンは、イタリアで購入した物。どれも思い入れが強いモノなのですが、もう10年以上着ていません。

11月まで待つと、また決断が鈍るので、今回で潔く手放すことにしました。

次に、4歳の子供の服ですが、下着からジャケットまでの衣類全般です。

幼児の成長は実に早いので、服もすぐに合わなくなります。それぞれの服に成長過程の思い出が詰まっていますが、それは親の感傷的なエゴに他なりません。次の子作りの予定も無いため、思い切って処分することにしました。

最後は、妻の服の処分です。冬のコートとジャケット類の合計6着。

たったこれだけを処分するのに、難航を極めました。

妻は、買い物魔にして、所有物に異様な執着心の持ち主。実は、クローゼットや収納が満杯になっている原因の70%は彼女の所有物なのです。

妻には、まず私の物を処分した後、どんなに収納スペースがスッキリ片付いたかを見せます。そうすると、「じゃあ、自分も!」という気になり、少しだけ処分してくれます。

今回は、全部でゴミ袋4つ分になりました。

これだけでも、収納のスペースには随分空きができます。特に、クローゼットは、私と妻の冬物コート・ジャケットを処分したので、結構スペースができました。

全てが終わった後の部屋は、何かしら明るく感じます。その相乗効果でしょうか、妻も私も満足感というべきか、スッキリとした気分になったものです。

本格的な夏が来る前に、衣類以外の物にも取り掛かるつもりです。

 

サイト管理人挨拶

当サイト管理人「整理整頓」です。私は、何かに行き詰った時などに、掃除、片づけ、整理整頓を徹底的にやるようにしています。身の回りが片付くと、何かを達成したようなスッキリした気分になり、新しいアイディアが浮かんできたりする効果があります。過去に大切にしていた物に売値が付けば、肩の荷がスッと下りたような気分になるんですよ!

楽天市場


 

アマゾン


 

買取依頼

 


retro.jp

© 2020 整理整頓で得する買取依頼方法 rss